Home > 2008年09月04日

2008年09月04日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

四川大地震の傷跡深く

北京オリンピックが大盛り上がりで行われ、その夢の祭典が終わってしまえば、
今度は、現実の問題を再認識する番です。

北京五輪前に起こってしまった天変地異、「四川大地震」。

死者が6万9122人、負傷者37万3606人、行方不明者は1万7991人と、
世界の地震の歴史に名を残すような大災害となってしまいました。


被害額の観点で見てみると、
地震による被害総額は13兆円以上。

額が大きすぎて、イメージが沸きませんが、
四川省の年間予算収入の9年分に値するのだとか。

ただただ、恐ろしい被害だという事ですね。


四川に住む人達、地震から逃れる事が出来た人達、
家族を地震で失った人達、今も尚、怪我を負っている人達は、
どんな気持ちで北京五輪を見ていたのでしょう?

自分達の身に降りかかった災いを
一時でも忘れさせてくれるお祭りとして観る事が出来たのか、

自分達の現状と比べて、やたら煌びやかな五輪の光を恨めしいと感じたのか、
事実は分かりませんが、瓦礫に埋もれた土地で、楽しい事を見つけるなんて至難の業。


月並みですが、一刻も早い復興を願うしかないんですよね。



四川大地震の国家専門家委員会の史培軍副主任は4日、
記者会見で同地震の直接の被害額を8451億元(約13兆3380億円)と発表したとの事。


四川大地震の被害額は13兆円、省財政収入の9年分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080904-00000029-scn-cn

cher 通販 | 朝バナナダイエット | 生活習慣病 食事療法 | キューブキュービック 査定
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「だっちゅーの!」復活よりも「ボキャ天」特番に興味

「だっちゅーの!」は今でこそ"死語"扱いですが、
ボキャブラ天国が大人気だった頃、それこそ、パイレーツの「だっちゅーの!」は、
幼稚園児が真似する位に大人気のフレーズでした。

残念ながら、ボキャブラ天国放送終了後、
彼女らパイレーツと「だっちゅーの!」をテレビで見かけることは少なくなりましたが、

最近は、浅田好未さんが結婚した話題で
一時的に盛り上がりましたね。


そんな浅田好未さんが自身のブログで、「ボキャブラ天国」の特番の撮影で、
パイレーツが一夜限りの復活を果たした事を綴っていました。

大変申し訳ないのですが、
パイレーツ復活にそれほど強い興味はなく、むしろ、
"ボキャブラ天国の特番"というフレーズにビックリ!


海砂利水魚、爆笑問題、ネプチューンといった、
その後のメジャータレントは元より、

スマイリー菊池、へらちょんぺ、松本ハウスなどの、
日本で100人くらいの記憶に残っている芸人まで、

それこそバイキング形式で楽しめた記憶があります。


きっと特番の出演者は、現在活躍している芸人が中心なのでしょうが、
パイレーツが出演しているくらいですから、
過去の芸人さんにもたくさん登場してほしいですね。



「だっちゅーの!」のセクシーポーズで一世を風靡した、
浅田好未と西本はるかのお笑いコンビ・パイレーツが一夜限りの復活を果たすとの事。


パイレーツ、一夜限りの復活「だっちゅーの!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080904-00000019-oric-ent

ムラーノ 査定 | エクストレイル 査定 | デュアリス 査定 | マーチ 査定
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

北の湖理事長、トップの資格なし

露鵬と白露山のロシア人兄弟力士の尿から大麻の陽性反応が出た問題は、
本人たちが揃って、疑惑を否定した事で、事態の落としどころが見えなくなってきました。

否定するのは、当たり前なんだと思うのですが、
所属する部屋も違うので、生活環境が違うのに兄弟揃っての陽性反応ですからね。

この事実を覆すのは至難の業ですし、
逆に、再検査で"問題なし"との結果が出るほうが、大きな圧力を感じてしまいます。


稽古中の力士の死亡事故や、大麻など、
在任中にロクな事が起きない、北の湖理事長ですが、今回の件でも、だんまり。

トップとして、不祥事の際の一番ダメな対応ですね。

5日の再検査の結果次第ですが、
"退任"の二文字が頭を過ぎっているのでしょう。


しゃべらない北の湖理事長の代わりにしゃべったのが、
平成の大横綱こと、貴乃花親方。

秋場所の開催について、

「(2人の検査結果が)悪ければ、非常に重要な争点になる」

と、自身の考えを示し、延期や中止を示唆しました。
強行するよりは、懸命で一般的な対応だと思います。


ちなみに、そのころ北の湖理事長が発した言葉は、
報道陣のテレビカメラが頭に当たり、

「誰だ、今当てたのは!」


・・・トップに必要なものってなんでしょうね。



大相撲の大麻汚染問題で3日、元横綱、貴乃花親方(相撲協会役員待遇)は
「結果が悪ければ」と前提し、秋場所の開催中止に言及したとの事。


貴乃花、秋場所の開催中止言及…トップの判断必要
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080903-00000008-ykf-spo

モコ 査定 | ピノ 査定 | シーマ 査定 | プレジデント 査定
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2008年09月04日

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。