Home > 2008年09月09日

2008年09月09日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

元若ノ鵬、猛省も復帰叶わず

大相撲の大麻使用疑惑で、露鵬と白露山の解雇が決定され、
北の湖理事長もその職を辞する事となりました。

辞すると言っても、理事には留まるそうで、
これまでの協会内の影響力から察するに、

「何も変わらない」かもしれません。

それでも、変革、改革の第一歩だと評価したいです。


さて、一連の大麻使用疑惑の発端となった、
ロシア人元幕内力士の若ノ鵬ですが、8日に処分保留で釈放されました。

その足で、角界への復帰を直訴したそうなのですが、
武蔵川新理事長は、その希望を拒否したとの事です。


もちろん、騒動を巻き起こした責任は多大なものですが、
初犯である事もある程度考慮してあげてもいいのかも、

というのが、個人的な持論です。

汚名を返上する為に躍起になっている相撲協会にとっては、
若ノ鵬の復帰を簡単に許せるものではないでしょうが、
無条件での反省を口にしているので、心情的に・・・ね。


何と言うか、露鵬が今回の大麻疑惑を武蔵川新理事長サイドの陰謀だとまで明言しておいて、
実は簡易検査の際に、大麻使用を認めていたのだから、一気に露鵬は、悪名が高まってきています。

それと比べると、素直に反省している若ノ鵬には、
多少の同情心も芽生えるというもの。


ま、ここで簡単に復帰を成し遂げたら、それはそれで批判の対象となるでしょうし、
それを踏まえると、私の意見はアマノジャクともいえますね。

反省。



大麻所持容疑で逮捕され、8日に処分保留で釈放された大相撲、
元幕内力士の若ノ鵬が9日、日本相撲協会を訪ね、武蔵川理事長らに謝罪したとの事。


大相撲大麻疑惑 元若ノ鵬、協会に謝罪も復帰は拒否される
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080909-00000009-maip-spo

ポルテ 査定 | シエンタ 査定 | 借金返済方法 | ティーダ 査定

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2008年09月09日

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。