Home > 2008年10月09日

2008年10月09日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

赤字となったイオン、緊急「値下げ」

2008年8月中間連結決算で、3年ぶりの赤字となったイオングループ。

食品値上げが連発する消費者市場で、
あえて消費者に優しい値下げを敢行した企業だけに、何とかしてあげたいと素直に思えます。

赤字の主だった原因は、衣料品の販売不振だと言う事ですが、
ここにきて大胆な販売戦略を打ち出してきました。


10月18日からイオンはグループ2000店全店で、
衣料品・食料品・住居余暇商品合計1000品目について
現在の店頭価格から10~30%を値下げするそうです。

大企業だからこそできる施策ともいえますが、
大企業だって値下げには腰が重いのが現状ですから、
消費者に目を向けた商売をするイオンは尊敬できます。

他企業も疲弊しながら、止む無く値上げするのは、しょうがないと同情できる部分も多いのですが、

この値上げパニックの中、
一貫して"値下げ"を打ち出す販売戦略を遣り通しているイオンの底力。


株式会社の使命である株主還元は出来ているのか不安にもなりますが、
株主しか見えていない企業よりは、よっぽど好感が持てます。

こういう会社を赤字にさせちゃいけないなと、
純粋な気持ちで思ってもバカにされないよね?



イオンは9日、グループ2000店全店で、衣料品・食料品・住居余暇商品合計1000品目について、
現状の店頭価格から10―30%値下げすると発表したとの事。


イオン、購入頻度の高い生活必需品を10―30%値下げへ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081009-00000182-reu-bus_all

育毛シャンプー ランキング | ホコモモラ 通販 | 県民共済 デメリット | グランドアクシス 改造
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

中国製食品はロシアンルーレット

「健康に影響はない」

と、

「命にかかわることはない」


上記の表現の仕方って、似ているようでかなり意味は違ってきますよね。

前者は、自覚できるような健康被害が発生しない意味で、
後者は、命にはかかわらないが、自覚できる健康被害が発生する可能性がある
という意味に聞こえます。


名古屋市のスーパーで販売されていた
中国製の「つぶあん」を食べた男性が、めまいを起こしたとして保健所に訴えました。

あんの中から、トルエンと酢酸エチルが検出されたそうです。

トルエンとは、常温で揮発性がある引火性液体。
酢酸エチルも引火性液体です。

双方共に毒劇法により、劇物に指定されています。


今回の件での名古屋市食品衛生課の見解は、
「微量でただちに命にかかわることはない」です。

ま、実際そうなんだろうなとは思いますが、
毒を食べている事実は変わらないですね。

なんだかギョーザ事件を皮切りに、中国製食品を購入する時って、
安さの代償として、ロシアンルーレット的なリスクを承知しておかなければ
ならないのかもしれません。

毎日がロシアンルーレットって、嫌だ。



名古屋市中川区のスーパーで9月、
袋詰めのつぶあんを買って食べた同区内の男性が
めまいを起こし、気分が悪くなったと中川保健所に訴えたとの事。

トルエン 中国製あんから検出 食べた男性めまい 名古屋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000011-maip-soci

ガミースマイル 治療 | お祝い ギフト | 金銭トラブル 解決 | グランドアクシス 改造

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2008年10月09日

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。