Home > 2008年11月07日

2008年11月07日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

バットマンが訴えられる?

バットマンシリーズの最新作は、今年の8月に劇場公開された「ダークナイト」だし、
それ以降の製作発表もされていませんよね?

だとしたら、映画PRの一環ではないと言う事か。


何の話かと言うと、「バットマン」が
訴えられそうなのです。

主演のクリスチャン・ベールさんではなく、懐かしのマイケル・キートンさんでもなく、
「バットマン」という作品が訴えられそうなのです。

訴訟を起こす意向を明らかにしたのは、
トルコのバトマン市の市長、カルカン氏。

「『バットマン』の製作者はわれわれに通告なく、
われわれの地域の名を利用した」

と言うのが、訴訟理由なのだとか。

カルカン市は財政難なんでしょうか?
それとも、町おこしの一種?


確かにアメリカは難癖つけて、訴訟を起こし、
大金をせしめる悪い文化が根付いています。

でも、それにしたって、60年以上前から存在する作品シリーズに対して、
無茶苦茶が過ぎるでしょう。

これでバトマン市側が勝訴するのなら、
小浜市なんかも、オバマ氏を訴えたら勝てますかね?



米人気映画シリーズ「バットマン」で市名を無断で利用されたとして、
トルコ南東部にあるバトマン市のカルカン市長は
5日、映画製作者を相手取り訴訟を起こす意向を明らかにしたとの事。


映画「バットマン」無断で市名を利用 トルコのバトマン市提訴へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081106-00000525-san-ent

家計診断 | マノロブラニク | とらばーゆ | アナップ 通販
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

USBメモリ入りソフトの販売が好調

USBメモリにPCソフトデータを入れて販売する
ソースネクストの「Uメモ」シリーズ。

以前ニュースになった時に「なるほどな」と思うと同時に、
絶対今後の主流になると確信していました。


その指標となるのが、「ウイルスセキュリティZERO」などの
7タイトルを同時に発売した「Uメモ」シリーズの売れ行き。

初年度で100万本の出荷を見込んでいたところ、
9月の発売以来、1ヶ月で既に65万本を出荷しているそうで、
もちろん、予想以上の出荷ペースです。


私はまだ買いたいソフトが無いので、
「Uメモ」シリーズには手を出していないのですが、
従来の店頭販売PCソフトは、長い間、
理解に苦しむ大型サイズの箱に収まっていました。

理由が見当たらないので、業界の慣例だと思います。

余分なスペースを埋める役目の厚紙が
むやみやたらに入っていたりすると、本当に意味が分からなくなります。

それが小型化するだけでも、大幅な進化ですね。

きっと、音楽CDやゲームソフトのようなコンパクトなジャケットでの販売すると、
途端にチープな賞品に見えてしまうので、見た目の印象を大切にしていたのでしょう。


「Uメモ」がもっと一般的になれば、CD、DVDドライブを搭載していないPCでも
希望するソフトがたくさん発売されるでしょう。

本当は、ダウンロード購入できるソフトを充実させてしいのが本音ですが、
USBメモリがおまけで付いたソフトの方だと考えると、お店で買うほうがお得なのかもしれません。

何個もUSBメモリを持っていても必要ないですが。

CDやDVDなどの光ディスクではなく、
USBメモリにPC用ソフトを入れたパッケージ販売が広がってきているとの事。


USBメモリ入りソフト販売広がる ミニノートが後押し
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081106-00000094-zdn_n-sci

ゆず茶 | 熟年離婚 慰謝料 | クロックス | ワンピース ナミ

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2008年11月07日

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。