Home > 2009年08月27日

2009年08月27日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

押尾被告の保釈申請、受理は困難

26日、麻薬取締法違反の罪で起訴された俳優の押尾学被告(31)の弁護士が、
東京地裁に保釈を求める手続きを行ったことがわかりました。

申し出を受けた東京地裁は、押尾被告が証拠隠滅や逃亡の恐れがないかなどを
十分に検討したうえで、保釈を認めるかどうか判断する、ということです。

保釈が認められた場合、300万円ほどの保釈金が必要、と見られています。

捜査関係者によりますと、逮捕当初の押尾被告は「違法なものとは知らなかった」と
麻薬取締法違反容疑を否認していましたが、その後態度が一変。

24日に起訴された際には「嘘をついていました。すいません」と
起訴内容を認める供述をしています。

合成麻薬MDMAを常習していた形跡もあることから、
保釈は微妙ではないかという見方もあるようです。


刑法に詳しい日本大学名誉教授の板倉宏さんも、

「押尾被告の供述がころころ変わっていますし、保釈したら(弁護士などの)関係者
と口裏合わせ工作をすることも考えられます。今回のケースは、保釈が認められない
のではないでしょうか」

今回の騒動でもっとも問題視されているのが、合成麻薬MDMAを服用した女性の異変に気付き、
マネージャーが119番通報まで約3時間かかっていたいることです。

結局女性は死んでしまったわけで、押尾被告は「心臓マッサージをした」などと証言しています。
しかし、ここで2つの疑問が浮上します。

なぜ、早急に救急車を呼ばなかったのか。
なぜ、女性の携帯電話をマンション近くの植え込みに捨てたのか。

押尾被告が発覚を恐れたための行動ではないでしょうか。

酒井容疑者といい、押尾被告といい、
芸能界に蔓延しているという薬問題は解決するのでしょうか。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090827-00000001-dal-ent

POLAのアグレーラ トライアルセットは、新保湿成分でうるおいが違います。

30代の転職
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2009年08月27日

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。