Home > 2009年10月05日

2009年10月05日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

働き蜂の反乱!そのとき女王は…

蜂の組織に変化が訪れていることが、判明しました。

もともと、蜂は女王だけが子孫を残し、他のメスは働きバチとして集団を営むとされるミツバチですが、
なんと、その働きバチの一部が自ら卵を産みオスバチを孵して育てていることを、ブラジル・サンパウロ大のグループが明らかにしたのです。

これは従来の女王制を覆す、大きな改革ですよね。
まさしく、働き蜂の反乱です。

自分たちだけで、新しい社会を作ろうだなんて、すごいですね。
いやぁ、まさにフランス革命です。

これに対して、もちろん女王側も黙っていません。
ニュース記事によれば、女王側は卵を持つ働きバチを殺すなどして統率を図っている……そうです。
さすが女王。反乱者には容赦しません。

反乱軍には、以前の女王の娘だった働きバチに、現女王の娘も加わり、
群れのオスのうち4分の1が加入していたようです。
大きな集団を築いていました。


このような内部抗争は、病気や環境急変による危機を乗り切るため
多様な遺伝子を残すのに貢献しているらしいです。

では、環境の変化が、このような問題を作り上げたのでしょうか。

最近はミツバチの住処が減っていることが問題視されていました。
確かに、ここ10年でレンゲ畑の減少は目を見張るものがあります。

ミツバチの新たな生命活動は、とても興味深いですが、
その原因に人間の環境破壊が絡んでいると思うと、とても悲しいような、
申し訳ないような気がします。


本来のミツバチは女王1匹と数千~数万の働きバチ、その1割のオスで群れを構成し、
オスは働かず、女王と1回だけ交尾し生涯を閉じるそうです。

今回の調査では、45個の巣からオス計576匹を採取、遺伝子を調べた結果、
77%は現在の女王の息子だったが、4%は女王が産んだ働きバチの子で、
残り19%は、以前の女王が産んだ前政権の働きバチの子と推計されたようです。

卵を産む働きバチは仕事はせず、自ら産んだオスの数を維持することに専念し、
平均的な働きバチの3倍長生きしているよう。

もとは働き蜂でも、地位が上がって楽をすれば、3倍も長く生きることができるのですね。
本当に興味深いです。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091004-00000081-yom-sci

イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/econpolicy/257243/

ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4226510/

まぶたのたるみ
タント
界面活性剤の役割
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2009年10月05日

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。