Home > 2009年10月07日

2009年10月07日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

懲りない亀田家の父親

先日行われたWBA世界フライ級タイトルマッチ、
挑戦者の亀田大毅選手は、0-2の判定負けでした。

この結果を受けて、大毅選手の父親の四郎さんは、
客席から「勝ってるやろっ」と興毅に向かって絶叫しました。

「誰が見てもどっちが勝ってるか分かるやろっ」
と不満をあらわにして会場を後にしたようです……。

それに比べて、長男の興毅は終始無言、その後、会場から去る際、
右手で大毅の肩をグッと抱き寄せ、まっすぐ前を見据えました。

その目がリベンジを改めて決意したことを雄弁に物語っていると、
誰もが感じたと思います。

それにしても、この父親は、まったく変わっていませんね。
それに比べて、長男、次男は大人になっていっていると思います。

とくに長男は、身体だけではなく、心も本当のボクサーになるよう、
ぐんぐん成長していっていると思います。

それなのに、当の父親がこのとおりでは、本当にもったいないと思います。

せっかくあの大毅選手が現実を受け止めようとしているときに
父親なら、こういうことを言わないであげたほうがいいと思うのですが・・・

少なくとも誰が見ても明白というような内容じゃないのは
誰がみても確かでした。(わかりづらい?)

ダウンもしてないしクリーンヒットも無かったですからね。
(0-2という判定には疑問だが)

本人にとって、すごく悔しい内容だったと思いますが、
本人も、兄弟も、それを受け止めてまた強くなろうと思っていると思うのですが……。

そのためには、父親がこういうことを言わない方が……と
日本国民皆が思ったのではないでしょうか。

第一、親父はセコンドに行っちゃいけないのに……
なぜ我慢できないのでしょう……。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091007-00000054-sph-spo

イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/309973/

ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4382555/

タント
エステの無料体験コース
サラ金業者の悪質な手口
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2009年10月07日

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。