Home > スポンサー広告 > 某国首脳夫人、実はブッシュ夫人のことか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 某国首脳夫人、実はブッシュ夫人のことか?

Home > ニュース > 某国首脳夫人、実はブッシュ夫人のことか?

某国首脳夫人、実はブッシュ夫人のことか?

アメリカ大統領夫人であるローラさんが、
他国の夫人との共同バスへの乗車を拒否して、
別途乗用車で移動するという行動を取りました。

共同行動にはセキュリティの観点と、
サミットの主目的である気球温暖化対策の
意味合いが込められています。

この行動の前後の動きが分からないですが、
推測で語るならば、2パターンの理由が思いつきます。


ひとつは、温室効果ガスの削減目標の合意の件。

アメリカの温暖化対策への意識が低く、
今回の削減目標への合意も、相当な譲歩した格好です。

大統領である夫の譲歩を嫌った皮肉なのか、
削減目標そのものへの抗議なのか、といったところです。


ふたつめは、わがまま。

サミット開幕前に「某国首脳夫人」の1人が「他の夫人と一緒のバスに乗りたくない」と
日本側に申し出ていた件がありましたが、
サルコジ仏大統領のカーラ・ブルーニ夫人がサミットへの参加をキャンセルした経緯があって、
みんな「某国首脳夫人」がカーラ夫人だと思っていました。


これが実は、ローラ夫人かもしれないという事。


ひとつめが理由なら、方法は悪くとも、
政治に対するメッセージが垣間見れますが、
多分ふたつめなんだろうな。



北海道洞爺湖サミットに参加している主要8カ国(G8)首脳の5夫人は8日、
真狩村内のレストランで昼食会を開くなど、
サミット会場のザ・ウィンザーホテル洞爺の外で配偶者プログラムをこなしました。

政府関係者によると、移動の際に
ブッシュ米大統領のローラ夫人だけが、
日本政府の用意したバスに乗らず乗用車を利用したそうです。


ブッシュ夫人だけ乗り合いバス拒否 サミット、日本側「理解に苦しむ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080708-00000951-san-pol

料理教室 | 睡眠障害 症状 | スキンケア | ロクシタン キャンドル

スポンサーサイト

Home > ニュース > 某国首脳夫人、実はブッシュ夫人のことか?

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。