Home > スポンサー広告 > KKKと黒人差別の闇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > KKKと黒人差別の闇

Home > ニュース > KKKと黒人差別の闇

KKKと黒人差別の闇

オバマ氏が次期大統領に確定し、
黒人初のアメリカ大統領の誕生に、白人も黒人も喝采をあげています。

こういう現状を目の当たりにすると、
黒人への差別の歴史が過去の話になったものだと
他国の人間は錯覚してしまいます。


私自身、黒人が奴隷として
アメリカに連れて来られた歴史をすっぽ抜かして、
アメリカは移民の国だから、様々な人種が存在して当然なんだ、
だから差別の存在が根本からおかしい。

なんて思っていた時期もあり、
時間の経過により、歴史の事実が薄れていく事に、時折、恐怖したりします。


さて、白人至上主義団体クー・クラックス・クラン。
受験で世界史を選択していた人ならよくご存じでしょう。
この団体の主義と行いを語る気は全くありません。

KKKへの加入儀式から離脱しようとした女性が、
KKKメンバーに射殺された事件が起きました。

この時代においても、
まだKKKが存在していた事に驚きました。


よくよく考えれば、白人、黒人の区別をする
感覚さえ無くなっているのなら、オバマ大統領誕生に
「黒人初」の冠が付く事すらないですからね。

白人である自覚があって、黒人である自覚があって、
その感覚すらなくなって、ひとつのアメリカ人として認識できるようになったとき、
初めて、人種差別がなくなるのだと思います。



米紙タイムズ・ピカユーン(電子版)は12日、
白人至上主義団体クー・クラックス・クランへの
加入儀式を途中で離脱しようとしたオクラホマ州の女性が
メンバーに射殺されたと報じたとの事。


KKK離脱で女性射殺=メンバー8人を逮捕-米
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081113-00000023-jij-int

メタボリック対策 | 口コミ | スキンケア | メイク 仕方
スポンサーサイト

Home > ニュース > KKKと黒人差別の闇

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。