Home > スポンサー広告 > 世界初!スペイン、類人猿の権利を保護

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 世界初!スペイン、類人猿の権利を保護

Home > ニュース > 世界初!スペイン、類人猿の権利を保護

世界初!スペイン、類人猿の権利を保護

動物愛護の精神は、素晴らしいものであると理解できます。

しかし、愛護精神が暴走すると、先の日本の捕鯨調査船への攻撃的な妨害行為などで
かえって、動物愛護団体としての立場や印象を悪化させている輩も存在します。

だから私の動物愛護団体への印象というのは、
「ひとつの命を守るために、多くの道理を破っても構わない」
というエゴ集団だと感じてしまいます。

そうではない動物愛護団体も世界に多いのは知っていますが、
動物愛護の名を借りた政治団体も多いのでしょう。


スペイン議会の環境委員会が、類人類にも人間に近しい権利を与えようという取り組み、
「類人猿プロジェクト」を支持するとしました。

人権の本質って、人間が知恵を付けてしまっただけに、
人間同士の愚かな争いを軽減させる目的があると思います。

知恵があるからこそ、個人の考えで生活できる。
その生活を脅かしてはならないという考え方。


猿はどうなんだろう?


人間の食べ物を盗む猿が日本に多く存在しますが、
彼らを捕まえて裁判を経由して刑務所に?

人権というのは、守るばかりの事ではなく、同じ人の生命や生活を脅かした場合に、
厳しく罰せられる意味も含まれています。


知恵があるからこそ、人が人を罰せられる。


猿の命を守ってあげるだけなら理解できますが、
人権付与まで検討している今回の「類人猿プロジェクト」の
存在理由自体、考えれば考えるほど、不思議でしょうがない。



スペイン議会の環境委員会は25日、
人に最も近いサルである類人猿の生命と自由を守る取り組み
「類人猿プロジェクト」を支持するとの決議案を採択しました。

人間以外についてこのような権利擁護の必要性を
議会が求めるのは世界初だとの事。


スペイン、類人猿の「権利」を保護する決議案を採択
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080626-00000390-reu-int

ペットと泊まれる宿 札幌市 | 就職活動 | ホットイナズマ | 内臓脂肪
スポンサーサイト

Home > ニュース > 世界初!スペイン、類人猿の権利を保護

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。