Home > スポンサー広告 > 押尾学、麻薬に加え死体放置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 押尾学、麻薬に加え死体放置

Home > ニュース > 押尾学、麻薬に加え死体放置

押尾学、麻薬に加え死体放置

麻薬取締法違反容疑で逮捕された俳優の押尾学容疑者(31)の取り調べが進む中
新しい情報が次々と明らかになってきました。

警視庁麻布署の聴取に対して、次のように供述しています。

「(死亡した)女性から錠剤をもらい、『大丈夫だから』と勧められて一緒に飲んだ。
女性が2錠目を飲んだとき、異変が起きた」

押尾容疑者は、女性に異変が生じたため、助けようと心臓マッサージを試みたが、
回復しなかったとも述べています。

続いて所属事務所のマネジャーを呼び、押尾容疑者自身は部屋から立ち去って、
東京都港区内のマンションへ帰宅したということです。

マネジャーが119番通報したのは2日午後9時19分。
駆けつけた消防署員は9時27分に女性の死亡を確認しています。

死亡推定時刻が明らかになっていないため、はっきりとは言えませんが、
女性の死亡確認までの空白の時間が10時間程度あるとされており、
その間、押尾容疑者が何をしていたのか、まったく不明です。

麻布署は、事件後に押尾容疑者がいたマンションや川崎市内の自宅など
計3カ所の捜索済みで、薬物使用を裏付ける物を押収しているようです。

つまり、薬は女性からもらったのではなく、
押尾容疑者本人の持ち物である可能性た高い、ということ。

押尾容疑者に殺意はなかったとしても、女性に無理矢理飲ませたとしたら傷害致死罪。
その場から逃げて放置した場合は保護責任者遺棄致死罪も追求されるかもしれません。
懲役5年以上になる可能性があります。

今後の焦点は、銀座の高級クラブに勤めていたという変死した女性との関係です。

押尾容疑者は、妻で女優の矢田亜希子(30)さんと別居状態にあり、
変死した女性とは半年前から不倫関係にあったようです。

岐阜県出身の30歳。身長170センチと大柄で、新宿の歌舞伎町のキャバクラ勤務
を経て、六本木、銀座と店を渡り歩いたようです。
女性を知る人は、次のような印象だったと述べています。

「目鼻立ちがハッキリとしていて、アジア的というより欧米っぽい顔立ち。
品のある女性で、和服が似合いました」

女性の遺体は岐阜県飛騨高山市内の実家に戻っており、
6日にも葬儀と告別式が行われる予定です。

押尾学が、もしも死人に口なしと好き勝手なことを言っているのだとしたら、
これほどムカツク男はいません。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000031-sanspo-ent

苦しい二日酔いの予防はサプリメントで解決。

ダイハツ・ムーブの値引き額は、雑誌やインターネットで調べることができます。価格の割に快適装備を充実しています。

イントラレーシック手術は、レーシックに比べて安全です。
スポンサーサイト

Home > ニュース > 押尾学、麻薬に加え死体放置

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。