Home > スポンサー広告 > 森元首相、焦燥感ただよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 森元首相、焦燥感ただよう

Home > ニュース > 森元首相、焦燥感ただよう

森元首相、焦燥感ただよう

30日の投開票が迫った衆院選夏の陣。
各候補とも最後の「お願い」と声を張り上げ街頭演説、選挙カーで走り回っています。

自民党が圧倒的に不利はまったく変わっておらず、
第85・86代内閣総理大臣を務めた森喜朗氏(72)も立候補地の石川2区で
苦境に立たされているようです。

民主党は、元派遣社員の33歳美人候補者、田中美絵子氏を擁立。
「姫刺客」として現在のところ森氏をじわじわと追い込んでいる様子。

年齢差39歳。
森氏にとっては孫といってもいい年齢の女性。

14期連続当選を目指す森氏は石川県小松市での街頭演説において、

「まともな候補者を出しても勝てないから、色仕掛けでいこうと考えた人たちがいた。
ただ、若いとか、女性とか、きれいというだけで票を取ろうとするのは、(有権者の)みなさんに対する裏切りです」

と非難を浴びせていますが、劣勢に立たされている印象を強めてしまった、
という気がしないでもないです。

田中美絵子氏は、「タレントの井上和香似」と言われる美貌の持ち主。
民主党代議士時代の河村たかし名古屋市長に秘書を経験しています。

昨年9月の出馬表明以降は、
「森の伐採」「石川から日本を変える」と、森氏に闘いを挑んでいきました。

27日、麻生太郎首相(68)は大阪市内で「(衆院選は)極めて責任が重たい」と
弱音ともとれる発言をしています。

先週末に実施された自民党独自の世論調査によりますと、
「女性の方が投票先を決めていない割合が高い」との結果から、女性票の取り込みに必死の様子。

30日はぜひ選挙へ行きましょう。
自分たちの1票が日本の未来を良くするための力となるのですから。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090828-00000083-yom-pol

ガンプラ
レーシックで近視を矯正
フェイシャルエステ
スポンサーサイト

Home > ニュース > 森元首相、焦燥感ただよう

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。