Home > スポンサー広告 > 夫婦別姓導入へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 夫婦別姓導入へ

Home > ニュース > 夫婦別姓導入へ

夫婦別姓導入へ

今朝のニュースで、ひときわ目を引いたのがこの話題です。
夫婦別姓を導入するかしないか、という問題。

夫婦が別の姓でも婚姻関係を保てるとする、選択的夫婦別姓制を導入する
民法改正案が来年の通常国会に提出される見通しになりました。

推進派の千葉景子法相と福島瑞穂男女共同参画担当相が
早期法改正に意欲を見せているため、だそうです。

千葉法相は「(夫婦別姓が)これまで実現しなかったことが異常だ」
とも述べているらしいですが……。

正直、夫婦別姓問題よりも話し合うべきことはたくさんあるのでは
ないかと思いますが……。

夫婦が別姓になって、どんなメリットがあるのか、まったく理解できないので、
どうしてここまで夫婦別姓を推奨するのかがわかりません。

地域共同体を破壊し、家族と言う最小限の共同体をも破壊する左翼・・・
家族の苗字が違うって、すごく不自然な気がするのは私だけでしょうか。

たかが名前、と思うかもしれませんが、
その苗字が家族の絆を作っていると思うのですが。

幼稚園に入園する3~4歳の子は言うでしょう。
「なんでパパとママの名前って違うの?」

「家族の一体感が損なわれる」などの強い反対意見が出され、
これまで実現には至らなかった、夫婦別姓。

また、中高生の6割以上が「両親の別姓」を嫌がっているという
別の調査もあるようです。

家族の絆が希薄になっているといわれるこの時代に、
夫婦別姓は、それを助長するだけだと思います。

社民党から入閣した福島氏は
「(別姓導入で)家族の絆が弱まることはあり得ない」と断定的に言っているが、
子供の側に立てば、そうは言えないですよね。

おそらく、夫婦同姓が主流なのはしばらく続くでしょう。
すると両親が別姓の子供は相当悩むはずです。

男女共同参画社会にあって、特に女性が婚姻後も仕事を続けていくためには、
婚姻前の姓を通す必要があるケースが多いそうです。

だからといって、夫婦別姓を採用すればいいというのは、
根本的な解決になっていないのではないでしょうか。

それよりもビジネスネームで婚姻前のままの性を推進する方が簡単では?
酒井法子だってビジネスネームですしね。一緒にされたくないか・・・

夫婦別姓を導入しなくても、夫婦が家庭と仕事を両立させるための方策を
考え出していくのが、本当に大事なことだと思います。

自民党がいいとは決して思わないけれど、
社民党が与党にいることが非常に怖く感じます。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090930-00000103-mai-pol

イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/307663/

ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/tb/4371826/

エスティマのエコカー減税対象車一覧
エコカー減税対象車一覧
イントラレーシックの再手術
スポンサーサイト

Home > ニュース > 夫婦別姓導入へ

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。