Home > スポンサー広告 > ボーナス減!不景気感加速

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > ボーナス減!不景気感加速

Home > ニュース > ボーナス減!不景気感加速

ボーナス減!不景気感加速

大手企業の夏のボーナスが、6年ぶりに減少したとのニュースがありますが、
逆に6年間上がり続けていた事実の方が驚きです。

ボーナス減少の理由は多数ありますが、何よりも、原油高による資源価格高騰が、
産業全体の業績に悪影響を与えているのは事実でしょう。


物価が高くなって、消費者の立場に回ると、サイフから消えていく金額がどんどん上昇し、
生産側の立場に回ってみても、同じ理由で、総収入が減少する悪循環。

多くの人が消費側と生産側の両方に立場を置くために、
インフレ感は倍ほど感じることでしょう。

ガソリンも、一部の楽観的推測を大幅に裏切り、
年内の1リットル200円越えが確定的となったり、

漁業は、船を出せば出すほど赤字状態で、
遂に前代未聞の漁業ストライキまで決行。


一般家庭のサイフの紐は、どんどんきつくなり、
この時期に食品や燃料の無駄遣いを指摘して、
消費者側だけの目線で物事を語る経済の専門家もいて、

じゃあ、消費が今以上減ったら、産業は倒産まっしぐらでしょ。
なんて突っ込みをテレビ画面にしている私も、車での外出は、意識的に制限したりしてます。


なんかもう、世界中泥沼。



日本経団連は22日、大手企業の平成20年夏のボーナスの妥結結果をまとめ、
全業種平均の伸び率が6年ぶりにマイナスになったと発表しました。

伸び率は昨年の同時期に比べ0・08%マイナスの90万9519円で、
最終集計額としては2年連続の90万円台となったが、
資源価格高騰や米国の金融不安などによる業績悪化を反映した形となったとの事。


やっぱり不景気? 夏の賞与が6年ぶり減 日本経団連調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080722-00000955-san-soci

コーチシグネチャー 長財布 | 掃除 | AGA 克服 | ペットと泊まれる宿 岩内町
スポンサーサイト

Home > ニュース > ボーナス減!不景気感加速

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。