Home > スポンサー広告 > 大人になれない教師は怖い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 大人になれない教師は怖い

Home > ニュース > 大人になれない教師は怖い

大人になれない教師は怖い

子供同士のケンカの最中でも、相手を罵倒する際に「死ね」「殺す」などの、
危険な言葉が飛び交うことがあります。

相手に対して精神的にダメージを与える言葉の
代表格だと知っているんですね。

大抵の場合、物事の分別を覚え始めても、
その場の怒りにまかせてしまうと、口から飛び出してしまうことが多々あります。

大人になったら、自重できる人、
大人になっても、自重できない人、

人それぞれに成長するまに時間がかかるものですが、
少なくとも、言葉の重さを知らない人は、教師にだけはなってほしくないと思います。


「教頭を抹殺したい」

「死ね」

「教師殺しがあったら、それはオレです」

自身のブログへ教頭への殺意を書き込んだ男性教師が、
24日に免職処分を受けた話題があります。

彼の書き込みへの言い分としては、理科のクラブで一緒に指導していた教頭が、
突然実験内容を変えたり、子供の前で叱られたりしたので、腹いせに書き込んだとの事です。

男性教師の言い分が正しければ、
この教頭先生にも、相当問題があるとは思いますが、

言葉の重みも、感情のコントロールも、インターネットへの正しい知識も持ち合わせていない
この男性教師に大きな問題があるのは確か。


人間としての分別を子供達に教えなきゃいけない立場なのに、
誰よりも分別の在り方を知らない。


子供が正しく育つわけがない。



自身のブログに「教頭抹殺したい」などと書き込み、職務に求められる適格性を欠いたとして、
横浜市教育委員会は24日、横浜市立小学校の男性教諭(29)を免職の分限処分にしたとの事。


ブログに「教頭抹殺したい」 小学教諭を免職処分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080724-00000952-san-soci

FX | 赤ちゃん 旅行 | 犬 無駄吠え | ペットと泊まれる宿 余市町
スポンサーサイト

Home > ニュース > 大人になれない教師は怖い

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。