Home > スポンサー広告 > 通販サイト「ナチュラム」で顧客情報流出

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 通販サイト「ナチュラム」で顧客情報流出

Home > ニュース > 通販サイト「ナチュラム」で顧客情報流出

通販サイト「ナチュラム」で顧客情報流出

個人情報の流出を防ぐために、
個人個人が防衛策を取る事が重要です。

例えば、オンラインショッピングを利用する際、
クレジットカードの利用を控えるとか・・・。

それにしては、どこの通販サイトも、クレジットカードの利用をライトに勧めていたり、
クレジットカード情報を登録しないと、利用すらできないショッピングサービスもありますね。

クレジットカード利用を推奨する以上、それ相応のセキュリティ策が存在して
然るべきと思っているのですが、そうでもないんだなぁとガッカリする事件です。


オンラインショッピングサイト、「アウトドア&フィッシング ナチュラム」が、
外部からの不正アクセスにより、クレジットカード情報を含む、個人情報が流出したと公表しました。

流出したデータ件数は65万件以上。

"購買意欲のある65万人"と考えるならば、
どのような企業でも欲しがるリストですよね。

しかも、客層は「アウトドア&釣り」と属性がはっきりしている。
かなり濃いリストですね。


何度も言いますけど、購入者個人が、個人情報流出のリスクを理解した上で、
クレジットカード情報を提供する事が必要です。

しかし、それを踏まえた上で考えても、
外部アクセスを許してしまう脆弱なセキュリティ体制しか
保持していない「ナチュラム」の罪は相当重いでしょう。

素人企業と揶揄しても、言い過ぎではないでしょうね。


「ナチュラム」は登録パスワードの変更を呼びかけていますが、

このリストの使い道は、「ナチュラム」に対してのものでも、
クレジットカードの不正利用なんて足のつき易いものでもないでしょう。


例えば、詐欺やその紛いのメールを送る業者への販売。

オンラインショッピング利用者の登録メールアドレスは、
フリーアドレスなどのいわゆる"捨てアド"よりも、プロバイダメールなどのしっかり送受信できる
メールアドレスである可能性が高いですから、住所の情報よりも価値が高いのかもしれません。


ama○onとか、ビッ○ーズとかも大丈夫かな。

楽○は・・・あれは出店店舗の問題だっけな。



ミネルヴァ・ホールディングスは6日、連結子会社の
ナチュラム・イーコマースが運営するショッピングサイト「アウトドア&フィッシング ナチュラム」において、
外部からの不正アクセスにより個人情報が流出した可能性があるとして、事態を公表したとの事。


通販サイト「ナチュラム」で約65万件の個人情報流出の可能性
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000011-imp-sci

浴衣 サンダル | puma サンダル | アルバイト | バイト
スポンサーサイト

Home > ニュース > 通販サイト「ナチュラム」で顧客情報流出

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。