Home > スポンサー広告 > 森山直太朗、ネットで賛否両論の曲に言及

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 森山直太朗、ネットで賛否両論の曲に言及

Home > 芸能 > 森山直太朗、ネットで賛否両論の曲に言及

森山直太朗、ネットで賛否両論の曲に言及

森山直太郎さんの新曲、「生きていることが辛いなら」の情報は、
音楽番組ではなく、インターネット掲示板で巻き起こった賛否両論の議論から知りました。

「生きていることが辛いなら」

作詞は森山直太郎さんではなく、
御徒町凧(おかちまち かいと)さん。

中孝介さんの「花」の作詞が有名ですね。


さて、議論の的は何かというと、この「生きていることが辛いなら」の歌詞が、
自殺を助長している内容だという指摘。

「生きてることが辛いならいっそ小さく死ねばいい」

と語られている部分が指摘の対象です。

この一文だけ読めば、乱暴な詞だなと思います。
が、通して全ての詞の流れを読めば、誰でも理解できる、「自殺せずに生きろ」という内容です。


「生きてることが辛いならいっそ小さく死ねばいい」

で突き放すように始まり、

「生きてることが辛いならくたばる喜びとっておけ」

までの「死」から「生」へ真逆の考え方を導きながらも、
強制的な説教には聞こえず、ゆるやかに「生きる」という事柄を説いています。


この歌詞をネタに批判を繰り返す人達って、ほぼ間違いなく、全ての歌詞を読んでいないか、
読んでも、残念な事に日本語を理解できない人達でしょう。

確かに、生死をテーマにすれば、
少なからず議論になることは多々あります。

もしかしたら歌詞の一部分だけを抜粋して捉え、
自殺の理由にしてしまう輩も現れるかもしれません。

でも、そういう人って、この曲の存在が無くても、
自殺を選択していた人だと思いますし、圧倒的に少数派でしょう。

それ以上に、この曲を聴き、歌詞を読んで、
自殺願望を捨て去る人達のほうがよっぽど多い気がします。

自殺を願う弱った人達の心の中に僅かに残った、
生きる願望を養い増幅させてくれる。

そんな歌詞だと思いますが、皆さんはどう思いました?



歌手の森山直太朗さんが
自殺を助長するとして賛否両論の歌詞で注目を集めている新曲、
「生きていることが辛いなら」について、

「ネット上の論議だけの歌ではない。賛否両論あってしかるべきだと思うが、
ここまで事が大きくなるとは予想もしていなかった」

などと感想を語りました。


森山直太朗、ネットで話題の新曲に「賛否両論あってしかるべき」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080815-00000005-oric-ent

初心者 投資 | キャリートレード | 中国株 情報 | ホームトレード

スポンサーサイト

Home > 芸能 > 森山直太朗、ネットで賛否両論の曲に言及

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。