Home > スポンサー広告 > 姫井氏に非難集中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 姫井氏に非難集中

Home > ニュース > 姫井氏に非難集中

姫井氏に非難集中

間違いを間違いと認めることも、
ある意味での勇気と言えるのでしょうか?

ひょっとしたら、この人以外だったら、素直にそうも思えたかもしれません。

この人とは、姫井由美子参院議員。

民主党から、新党「革新クラブ」への鞍替えを表明、離党届けまで提出していましたが、
29日になって、離党を突然撤回しました。

私は政治家に、正義を求めてはいませんし、狡猾といわれるくらいの頭の良さや、
のび太くん並の悪知恵を働かせて欲しいとすら思っています。


でも、この姫井議員は、どうだろう?

正義を持ったつもりで離党して、
その過ちに気づいて離党を撤回したのか、

自身の立場の躍進を狙って離党して、
先が見えない党であると気づき、撤回したのか、

残念ながら、どちらでもない気がします。


「(改革クラブが)民主党切り崩しの受け皿と分かった」

これを離党撤回の理由として述べていますが、
それは、新党設立の話が表沙汰になった時、全国民が、知っていましたよ。

て言うか、離党を決めた当初は、
その理由ではなく、何を理由として決めたのですか?


むしろ、民主党側が、一番フラフラしていると思われる、
姫井由美子議員を説得する事によって、新党設立に必要な条件、"議員5人"を崩したのでは?

しかしま、浮気者だなぁ。



民主党に離党届を出した姫井由美子参院議員は29日夕、
同党本部で記者会見し、「新党『改革クラブ』には参加せず、
これからも民主党参院議員として頑張る」と述べ、離党を撤回する意向を表明したとの事。


姫井氏、民主離党を撤回=「新党に参加せず」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080829-00000152-jij-pol

デジカメの選び方 | ウイングロード 査定 | エルグランド 査定 | 
プレサージュ 査定

スポンサーサイト

Home > ニュース > 姫井氏に非難集中

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。