Home > スポンサー広告 > Google Chrome、ちょっと厳しいのでは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > Google Chrome、ちょっと厳しいのでは?

Home > ニュース > Google Chrome、ちょっと厳しいのでは?

Google Chrome、ちょっと厳しいのでは?

インターネットブラウザの市場に満を持して登場したのが、
Googleが提供する新ブラウザ「Google Chrome」。

リりースからわずか1日で、ブラウザ市場の1%を獲得したと話題になっていますが、
無料サービスを"試した"ユーザーを否定できないので、このシェア数値には大きな意味はないのでしょう。

私が興味を引かれたのは、
この数値を報告したWEB分析会社のコメント。


「驚異的な実績だ。これはMicrosoftに対する戦いだが、大負けするのはFirefoxかもしれない」


つまり、巨大シェアを誇るMicrosoftのIEの牙城を崩そうと他のブランドは、新ブラウザを投入するのですが、
ユーザーの性質から、結局のところ、新ブラウザ同士で食い潰す可能性が高いというもの。

IEのユーザー層は、誤解を恐れず言うと、
ブラウザを選択する感覚すら持っていないユーザー。

PC購入時から何の疑いも無くIEを使っていて、
それを変更する理由が無いことが、固定ユーザーたる所以です。

変わって、Firefoxやoperaのユーザーは、
ほぼ例外なく、IEから移ってきたユーザー。

IEの固定ユーザーと比べると、ブラウザへ求めているものが多く、
当然、Googleがブラウザを提供すると知れば、一度は試したくなるユーザー層です。

これを「移り気」と表現する事が適切だとは思いませんが、
選択肢にすら入らず、市場トップに鎮座するIEって、改めて凄いなぁと思い知らされました。


Firefoxも快適なんですけど、他のインターネットサービスの
対応状況が悪いので、イマイチ・・・。

Firefoxのせいじゃないんですけどね。

ただ、Google Chromeを使ってみた感想は、
Firefoxから乗り換えるほど快適さは感じられないといったところです。


米Googleの新ブラウザ「Google Chrome」が
リリースから1日で、ブラウザ市場で1%のシェアを獲得したとの事。
アイルランドのWeb分析会社StatCounterが報告しました。


Google Chrome、1日で1%のシェア獲得
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080904-00000042-zdn_n-sci

フーガ 査定 | セドリック 査定 | ティーダ 査定 | ステージア 査定

スポンサーサイト

Home > ニュース > Google Chrome、ちょっと厳しいのでは?

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。