Home > スポンサー広告 > そのレバ刺し食べれますか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > そのレバ刺し食べれますか?

Home > ニュース > そのレバ刺し食べれますか?

そのレバ刺し食べれますか?

もりもと焼肉店というお店が兵庫県にあるのですが、
そこの生レバーが絶品。

元々、牛の内臓を生で食べられるわけがないと、頑なにレバ刺しを食する事を
拒み続けた人生でしたが、数年前に関西の友人に半ば無理やり連れられ、
「もりもと」で、人生初の生レバーを食べたんです。


絶品。


食わず嫌いとはこういう事かと、
その友人に握手を求めたくらいです。

しかしその後、他店のレバ刺しを食べると、吐き気がします。

絶対的に美味しいものを食べると、
その"本物"以外は体が受け付けないようです。

つまり、レバ刺しが好きになったのではなくて、
「もりもと」のレバ刺しが大好きなだけだったんですね。


埼玉県の焼肉店の8割が、
「生食用」ではないレバ刺しを提供しているそうです。

「生食用」は鮮度を基準にしているわけではなく、
定めた体制で管理されている肉を「生食用」と言うそうなんですね。

さて、埼玉県だけの話でしょうか?

私が「もりもと」以外のレバ刺しを食べられない理由は、
この辺にあるとみているんですが、見当違いでしょうか?



レバ刺しやユッケなど肉の生食は根強い人気がありますが、
生食肉の料理を提供している埼玉県内の焼き肉店や居酒屋計137店舗のうち
83%にあたる114店舗が、「生食用」の表示がない食肉を材料に使っていたことが
同県の6月の調査で分かりました。


埼玉の焼き肉店など8割「生食用」使わず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080707-00000091-san-soci

自己破産 デメリット | スキンケア | 美肌 スキンケア | ロクシタン ボディパウダー
スポンサーサイト

Home > ニュース > そのレバ刺し食べれますか?

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。