Home > スポンサー広告 > 母親の心の弱さだけを責めるべきではない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 母親の心の弱さだけを責めるべきではない

Home > ニュース > 母親の心の弱さだけを責めるべきではない

母親の心の弱さだけを責めるべきではない

殺人そのものは無条件で許されない行為だし、
ましてや、親が子を殺してしまう事は、悲しいを通り越して、虚脱感を感じてしまいます。

福岡県の公園で富石弘輝君(6歳)が殺害された事件は、
22日、母親が逮捕され、罪を認めるという、考えうるケースの中で最も最悪の結末となりました。


弘輝君は、軽度の発育障害があり、
小学校では特別支援学級に通っていたとの事。

障害を持ったご家族の世話をしている人は、世の中に無数に存在していますが、
軽度、重度問わず、自身が経験しなければ理解できないとてつもない苦労があると思います。

その苦労、苦悩からの解放が"殺人"であった事は、
どんな理由を挙げても許されるものではないし、法律が厳罰を与えるのは明白でしょう。

でも、それでも、瞬間的に方法を問わず、楽になりたいと願う気持ちが、
障害者に密接に関わる人には少なからず存在する事を
障害と無縁の人達も理解してあげなければいけないと思います。


もちろん、だからといって殺人を肯定するわけにはいきませんが、
この母親の心の弱さを批判する事も出来ません。

その行為を一歩手前で踏み止まらせたり、
そう思ってしまう感情を和らげる事が出来るのは、やはり周りの人達なんですよね。



福岡市西区の公園で近くの同市立内浜小1年、富石弘輝君(6)が殺害された事件は
発生から5日目、母親が逮捕されるという、やるせない展開になったとの事。


福岡小1殺害 なぜ母が子を…罪認め号泣
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080922-00000008-maip-soci

勃起不全 | アースマジック 子供服 | 借金返済 | 借金相談

スポンサーサイト

Home > ニュース > 母親の心の弱さだけを責めるべきではない

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。