Home

SnaPy

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

北島復活!100mで見事優勝

アメリカで行われた長路水泳大会に出場した北島選手が、男子平泳ぎ100mで見事優勝を飾りました。
北京オリンピックの金メダリスト、北島康介選手が完全復活です。

タイムこそ1分0秒63と平凡ですが、完全復活に期待が高まります。

北京オリンピック以降、少しの間水泳を離れ、その後も不調が続いていましたが、
北島選手はまだ26歳。これからも第一線で頑張ってほしいですね。

北島康介といえば、ビッグマウスが特徴でしたが、
不調の影響からか、あまり聞くことがなくなってしまいました。

全盛時のビッグマウス通りの強さと勢いを取り戻して、
あの頃の強さを発揮してほしいと思います。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100530-00000038-jij-spo
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/other/397605/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/3926277/

ライフの値引きは交渉にコツが必要です。
キューサイのコラリッチは浸透力と潤い感が優れています。
気になる頭皮のべたつきはシャンプーで改善できます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

岡田監督、敵前逃亡か?

24日の日韓戦は全くいいところのない結果に終わってしまい、
ファンの間では失望感が広がっています。

試合終了後、岡田監督はファンへのあいさつを放棄し、
その代わりにチームリーダーの川口選手がファンへのあいさつを行いました。

岡田監督はあいさつどころか謝罪する必要があったはずです。

しかし、岡田監督は犬飼会長へ「進退伺」を行い、
協会、選手、ファンのあいだに大きな混乱を巻き起こしています。

監督としての手腕を疑問視されてきた岡田監督ですが、
自ら進退については一切口にしませんでした。

ところが、ワールドカップまであと2週間足らずとなった今、
自らの信念が揺らぎ、進退について言及するなど、敵前逃亡としか言えません。

代表メンバーを決定する前に、いや予選が終わった時点で辞任してくれれば、
まだ望みを繋ぐことは可能でした。

しかし、こんなタイミングで監督に匙を投げられたら、
今回のワールドカップはその時点で終了です。

一方、韓国では日本を完璧に下し、大変な盛り上がりを見せています。
韓国のファンの間では、余裕からか日本に同情的な声すら多く聞こえてきます。

こんな弱小の日本代表なら、Jリーグのチームをそっくりそのまま代表にした方が
いくらかマシなような気がします。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100525-00000016-ism-socc
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/395172/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4787963/

セレナの値引きは大幅に見込めます。
フリードの値引きは交渉が難しい
20代の薄毛改善は生活習慣が重要です
レーザー脱毛の家庭用は値段が高い
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ラモス節、日本代表を痛烈に批判

元サッカー日本代表にして、サッカー界の辛口ご意見番的な存在感を持つラモス瑠偉(53)が、
ワールドカップ日本代表の選考結果に対して不満をぶちまけています。

ラモス自身の公式ブログによると、今回の代表選考は、ラモスの想像していたメンバーと大体同じだったそうです。
ただし、これは悪い方の予想通りだった、ということらしく、期待していなかった岡田監督の代表選考の結果が予想通りだった、ということらしいです。

後半に投入して流れを変えたりできる選手がいない上、日本人の得点王も代表に選ばれていない。
「本当にこのメンバーが現実に今、実績があり活躍している選手なの?」と嘆いている様子です。

たしかにその意見には全く同感です。

さらに、「正直、このメンバーで勝つことができたら、岡田監督の手腕が凄かったということだろう」
とも付け加えてあります。選手名を挙げて不満を述べることはさすがにしていませんが、
岡田監督への強烈な皮肉はばっちり読み取れます。

1998年のワールドカップでも、岡田監督は当時スーパースターだった三浦知良を外し、日本中を騒然とさせました。
「勝つために」と信念を貫いてのぞんだフランスワールドカップで3戦全敗。

今回も勝つために、自分の信念を貫いて選手を集めた岡田監督ですが、
前回に貫いた信念では世界にまったく通用しなかっただけに、今回の信念にはとても不安が付きまといます。

万が一、全敗しようものなら、帰国時の成田でどんなハプニングが起きるか予想もつきません。
三浦知良が外されて代わりにFWをつとめた当時の城選手は、帰国時に水をかけられています。
今度は水では済みそうもありませんが、果たしてどうなることか。

今度こそ、結果を出してほしいものです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100511-00000528-sanspo-socc
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/389969/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4763582/

ムーブの値引きは意外と低い
辛い生理痛を和らげるなら薬よりサプリメント
ペットサロン
ダイエットドリンク
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

サッカー日本代表に不満の声

いよいよ6月11日から開幕となるサッカーのワールドカップ日本代表メンバーが、
10日に発表となりました。

中村選手、本田選手など、確実とみなされていた選手たちはほぼ代表入りしましたが、
当落線上にいた選手や、Jリーグでの活躍がまったく考慮されていない選手などが落選してしまい、
ファンたちの間でも賛否両論の声が上がっているようです。

サッカーファンがいちばん不思議に感じているのは、鹿島アントラーズの小笠原選手の落選ではないでしょうか。
年齢的には30歳を過ぎているとはいえ、昨年はJリーグのMVPにも輝いている実力者です。
ベンチ入りどころか、スタメン起用されてもまったくおかしくないと思っているファンは多いはず。

さらに小野伸二選手も落選、怪物と呼ばれた平山相太選手も残念ながら落選です。

意外なところでは、35歳のベテランゴールキーパー、川口能活選手が代表入りしました。

どうやら、守備に重点を置いた代表選考だったというのはなんとなく、ファンにも伝わっているようですが、
やはり攻め込んで点を取れないとサッカーは勝てないもの。

ここ1年のテストマッチでほとんど結果を残せなかったメンバーが、ほぼそのまま代表入りしている印象もあり、
ファンの不安は本番に向けて絶望に変わりつつある、と言ったところでしょうか。

あまり戦術や構想がはっきりと伝わってこない岡田監督の采配ですが、
就任した時点で自分の中の構想はほぼ出来上がっていたのでしょう。

代表が決まった以上、日本人なら日本代表を応援しないわけにはいきません。
少しでもいい結果が残せるように、選手や監督、サッカー協会にも、大いなる奮起を期待したいところです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100511-00000089-jij-spo
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/389511/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4761186/

飲みやすいドクターコーヒーで腸内洗浄を試してみよう
美味しさそのまま乾燥こんにゃく米のダイエット効果
空腹にオールブランデトックチョコバーでしっかりダイエット
女性保険比較
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

洗髪不調のロッテが獲得したのは横浜の吉見

横浜ベイスターズに在籍の吉見祐治投手(31)が、ロッテに移籍することになりました。

今年のペナントレースでは、開幕直後から絶好調が続くロッテですが、
シーズン途中で新たな戦力を金銭トレードで獲得したことを発表し、ファンを驚かせています。

開幕から好調を維持していたロッテですが、ここに至って先発投手陣の故障が続出しています。
その補強のための金銭トレードと見られています。

獲得したのは横浜の吉見投手。
最近の成績はそれほど良くはありませんが、2003年には開幕投手を務めたほか、
ヤクルトの名捕手だった古田敦也選手が最後に対峙したピッチャーとしても有名です。

現在は2軍で調整中だった吉見投手ですが、ロッテの西村監督は吉見選手に対して
「先発として実績のある左投手が欲しいとお願いしていた。心機一転頑張って欲しい」
とコメントを発しています。

しかし、熱心な横浜ファン、コアな吉見ファンにとっては、
なかなか複雑な心境のようです。

たしかに、投手育成の実績がほとんどない横浜で、入団から10年を過ごしてしまった吉見選手が、
ロッテに移籍後、才能を開花させる可能性は充分にありえるでしょう。

ましてやロッテには、元巨人で江川投手のライバルでもあった西本聖コーチが辣腕をふるっています。
吉見ファンであれば快く移籍を祝福したいところです。

しかし、大魔神の異名をとったセーブ王・佐々木選手の移籍後、
すぐに背番号22をひきついだ期待の星でもあった吉見投手、
いままでずっと応援してきたファンにとってはなかなか複雑な思いもあるのではないでしょうか。

なにはともあれ、吉見選手の新天地での活躍に期待したいと思います。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100510-00000513-sanspo-base
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/npb/389147/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4759402/

タントの値引きはガードが堅め
低カロリーなダイエットスープカレーの効果
履いて寝るだけセルイレイザーの口コミと効果
ムコ多糖症
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home

Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

婚約指輪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。